PMC工法とは

きれいな水、さわやかな緑。こんな自然に包まれていると私達人間はこころ安らかになります。
川の水も、下水道が整備されたおかげで、私達が汚した生活排水が流れ込むこともなくなり、とてもきれいになりました。
しかし生活排水をきれいにして川に還すには、その処理過程の中でどうしても「下水汚泥」が発生します。
今後益々増え続ける「下水汚泥」の処分に早急な対策が求められています。
そんな下水汚泥を、豊かで便利な暮らしの中に再利用し、緑を育てるのが『PMC工法』なのです。

メリット1▼
環境にやさしい工法。

下水汚泥を主に、木質系資材などといった産廃物を利用。
いずれも安全な有機質で、肥料としての価値がありながらほとんど処分されていたもので、すべてを再利用で賄っているのです。

メリット2▼▼
廃棄物の処分量を軽減。

下水汚泥や木質系資材を多量に再利用するため、 悩める処分問題に貢献。
5cmの厚さで1万m2吹き付けた場合、 脱水汚泥、 500t 以上を使用しており、処分にかかる費用を軽減、 最終処分場の寿命も延ばします。

メリット3▼▼▼
緑化基盤材として最適。

有機質アルカリ性で安全無公害、 酸性基盤による育成障害を和らげる、土壌基盤との親和力が高い、 根張りがよい、 追肥不要で永続性の高い植物基盤が作れる、 といった緑化基盤材としての利点をすべて備えています。

明日に緑を…
PMC緑化工法
家庭用排水 おが屑・炭
下水処理 下水汚泥 コンポスト化 植物の育成基盤化
ネオソイル
法面緑化技術
PMC緑化工法
きれいな水

 

PMC工法の実績表

(平成10年4月現在)
年度別実施面積(単位m2)

県 名 会員数 ~平3年 平4年 平5年 平6年 平7年 平8年 平9年 累 計
群馬県 26 74,340 148,193 169,905 182,845 187,892 194,071 197,798 1,155,044
石川県 10 24,082 27,227 69,090 44,446 28,370 27,345 78,668 299,228
宮城県 25 5,429 35,197 57,454 51,837 54,865 61,881 65,540 332,203
新潟県 - 5,550 3,459 2,185 700 2,035 972 14,901
埼玉県 - 2,000 7,600 9,568 1,724 5,159 26,051
岩手県 21 1,100 11,124 14,667 30,308 34,293 91,489
長野県 22 700 953 12,950 14,603
合 計 104 109,401 216,076 305,849 292,437 296,058 318,317 395,379 1,923,517

各年度の数値の積み上げは、四捨五入のため累計に一致しない可能性があります。

平成7年度の群馬県実績量(約19万m2)は、県発注の法面緑化全面積の80%に相当します。